ずログ(仮)

近況報告と発声練習

レンタルなんもしない人『<レンタルなんもしない人>というサービスをはじめます。』

全体的に読んでいてシンパシーを感じてしまったというか、実際それをサービス化する胆力の有無はおいといて私のやりたいことって「なんもしない」ことなんだなと気付かされた。

 

ツイッターの片隅でつぶやいていたら本人に捕捉されて私としては異例のいいね・RT数となってしまったが、最も心にガツンときたのはこのツイートで引用した部分だった。

 

 

会社員として給料を得ることが標準の暮らし方とされているこの国で、世の中の多数の人は一定の年齢になると就活をして「社会人」になる。

就活では、自己分析と銘打って自分のやりたい仕事やら強みやら学生時代に力を入れたことなんかを散々こねくりまわし、「私のグループにおける役割は潤滑油です!」みたいな自己PRをして、いかに企業の人事に有用な人間と思ってもらえるか苦心するわけだが(働き出したらこの手のやってしまいがちなフワっとした自己PRは大人から見るとかなり微妙ということが分かった)、社会で有用な人間になるために生まれてくる人間なんかいないはずなのに何らかの効用が求められるということ自体に、私は就活していてもどうしても違和感があった。というか今でも違和感をずっと抱えており社会からの脱出口がないかなと常に夢想している。

 

私もちょっと一時期危なかったことがある(いまもわりとヤバい)が鬱病になる場合の原因の1つとして、仕事をうまくやることができず、自分は無能で社会的に価値がない人間だという思考にハマってしまうということがあると思う。病んでしまった人間には「ありのままのあなたでいいんですよ、自分を責めないでゆっくり休んでください」という言葉が掛けられることが多い。

「ありのままの自分でいい」それは本当のことではある。でも本当にそれだけで済ませられるの?と私はこの言葉を聞くたびに思ってしまう。ありのままの私では通用しない社会がそこにあって、環境の合う合わないは多少影響するんだろうけど天才でもないかぎりその範囲内では生きていかざるをえないんじゃないの?と。「ありのままの自分でいい」と一方でいいつつ、労働市場では「好きなことや強みといっても主体的に、外部を巻き込んで価値を生み出すことでないとアピールできませんよ」と言ってるのは誰なんだ、と。その矛盾がある限り、どうしても労働と馴染めずに心を病んでしまう人間は永遠に生み出されつづけると思う。

 

読んでいてすごくわかるー!となったのが、仕事は支払われた金銭に対する対価として何か成果を期待されるからしんどい、という部分だった。というか仕事に限らず人になにかしてあげるとなったとき、最低限のクオリティを達成できないだろうという予感が常につきまとうので、主体的に人に対して何かをしてあげるのがしんどい。コミュニティの中での贈与関係がしんどいというのが完全にわかってしまった。人に何かをしてもらっても、それと同等以上のものを返せるという、自分に対する信頼感がない。

「受けたい仕事」であっても、たとえばそれが連載や類似企画なんかで何度も繰り返され、仕事の依頼主からは「この前みたいな感じで、よろしくね」などと毎回同じような成果を期待される状況に陥ると、やはり気は重く、筆も進みづらくなった。そもそも、自分にとっては誰かからなにかを期待されること、それ自体がストレスだったのだ。

僕個人としては特定のコミュニティのなかで「多めにもらってるな」という感覚を抱き続けることは、めちゃくちゃ大きなストレスになる。つまり僕にとっては不健全なのだ。というのも僕自身、なにもできないから「なんもしない」ことを始めたくらいなので、友達からなにかをしてもらったとき、どうやってお返しをしたらいいかわからなくなってしまう。しかも精神的な「貸し」は金銭のように数値化できず、貸した当人の見積見積りと、借りのある人間との予測に誤差が生じる。「恩を仇で返す」なんて古い言葉があるけれど、恩を売られたほうは、借りがあるなんて思いもよらなかった、なんてこともある。

 

それから、本当にそうだよな……と印象深かったのがこのくだりである。

赤ちゃんは有能なわけがなく、スペックはゼロ。自分はなんもしないでも、親をはじめとする周りの人たちにかわいがられ、世話をしてもらうことで生きていける。そんな赤ちゃんを見ていて「いいな」と思った。そして「世の中の人たちみんなが赤ちゃんみたいに振る舞っていても生きていけるようになればいいのに」という気持ちが芽生えたのだ。

とにかく赤ちゃんは、笑っているときはもちろん、怒っているときも、泣き喚いているときでさえかわいい。なにかをしているときも、なにもしていないときもかわいい。それでいて、赤ちゃんは別に人から「かわいい」と思われたいわけではなくて、ただ自分の好きなように、自由にやりたいことをやっている。それで世の中が回れば最高だなと。要は自分だけじゃなくて、みんなが好き勝手に生きても平気な世の中になったらいいと思っている。

まあ全員が赤ちゃんみたいに振る舞い出したらそれこそ昔に倫理の授業で習った「万人の万人に対する闘争状態」になるとは思うのだが、でもみんな自分を抑圧せずに生きられる世界になったらいいなと思う。

(関係ないかもしれないけど、日本で子どもに対する風当たりが強い原因って1つには、我々大人は自制して暮らしてるのに迷惑かけてのびのび振舞っても許される子どもが許せない、という心理がどこかしらにはあるんじゃないか?と思っている。)

※当サイトは、Amazonアソシエイトに参加しています