ずログ(仮)

近況報告と発声練習

内省しかできることが無い

いわゆる真面目系クズあるあるだと思うのだが、性格診断の類をやると必ず内省とかそういうのが高く出るタイプである。

 

有名なのだとエゴグラムをやると、決まってAC(Adopted Childの略で簡単に言うと受動性の指標)が突出して高い。具体的にどういうことかは以下のページを見ると分かりやすいかも。

komyushou.com

あと以前、検索してたどり着いたエゴグラム診断をやってみたらこんなんが出た。「即座に不採用決定をするべきです。組織内において生活をする上で不可欠な要素の多くが欠如しています。」とのこと。死にたい。

vcap.vone.co.jp

あと、MBTIっていう診断(詳しくはググってください)だとINFP型というのになる。

“仲介者”型の性格 (INFP-A / INFP-T) | 16Personalities

自分は本当はこんな生き方であるべきじゃないんだみたいなことを延々と考えてるけど、外向きの論理的思考はできないタイプ。考えるのが苦手なのにインテリっぽい雰囲気のことが好きという手に負えない典型的真面目系クズ。そんな感じなので16類型中で社会に適合するのが最も難しく、平均年収が最も低いらしい。

 

どんな欠点も裏から見れば長所だともいえるわけで、こういう特性を持った人間でも「あなたは謙虚で感受性豊かで思いやりがあるタイプ」とか「持ち前のインスピレーションや内省する力を強みとして生かそう」みたいなことが一応長所として書いてある。適職を見ると、芸術・クリエイティブ系や、学者・研究者がいいですね!みたいなことを言われていたりする。でもそれってつまり、才能があれば自分の特性生かしてやっていけるけど、才能がないorスキルを伸ばすための努力ができない人は満足な社会生活諦めるか普通になる努力してねってことなのだな……とも思う。

 

社会人生活もあっという間で今年3年目になってしまったけど、まともな社会人というのが向いてないな……と常に思っている。大学院まで行って、演習とか研究とかいろいろ考えているフリをしてきたけれど、よくよく振り返ってみると周りの人に乗っかってただけで、自分で考えて何かをやり遂げたことってあったのか?と胸が痛くなることがよくある。ニートやフリーターになったらだめだという恐怖感で就職したけれど、考えることから逃げてきたツケが回ってきている感じがする。

今の生き方は本来的じゃなくて、生きがいを得たいという漠然とした思いがあり、恥ずかしいけれど心の奥底には、遠くの誰かに見つけてもらいたくて、透明になりたくないという思いがある。でも芸術的才能は特になく、文章も人よりはグダグダ色々書き散らせる感はあるけど突出したものはないし、絵とかデザインも興味はあっても手が動かないことを学生の時に思い知った。

どうにもならない無駄な内省ばかりして具体的行動に移せない自分が嫌であれこれ考えるけど結局手を動かせない。自分もいつか満足した人生を送れる日がくるかもみたいな漠然とした期待を抱いて、毎日現実への不満を垂れ流して一生を終えるのかもしれないと思って絶望する時がある。

 

っていうINFP的生きづらい思考パターンをやめたい