ずログ(仮)

近況報告と発声練習

重力がいっさい関与せぬ運動によって降りていく

会社で昼休みに、時々保険会社の営業らしき女性がきて、チラシ配りをしていることがある。かわいらしい女の子がお願いします、と明るく配っていればもらってあげようかな、という気も起こるかもしれないが、正直に言ってしまうと、宗教勧誘にでも居そうな感じの女性が目をぎらつかせてチラシを受け渡そうとしてくるので、目を合わせないようにして足早に通り過ぎたくなってしまう。

私も学生時代に塾のチラシ配りをやったり、なんなら今でもGWになると某駅でチラシ配りの監督員をしてたりするので、こういうときもらってくれないとつらいし、ノルマもはけないんだろうな……そしてこういう行いが自分にも巡ってきたりするんだろうな……また徳が下がってしまった……と思うのだけど、手を伸ばすことができないのである。

 

 

去年、某町の仕事で住民ワークショップ的なことをしたあとに、駅前にあるちょっとした立ち飲み屋的な小さな居酒屋で関係者と飲んだことがあったのだが、その店の常連は個性的な人がまあまあいるらしく、その日は、同世代くらいのやたらテンションとコミュ力の高い女の子が存在感を放っていた。入店したとき、その町の取材に来たテレビ関係者がおり、あまりに打ち解けていたのでその人もテレビ局の人かと思ってしまったほどだった。

私は初対面の場ではめちゃめちゃ根暗のコミュ障になってしまう人なので、あー、大丈夫かな~と思っていたが、彼女は私たちのテーブルに加わった。その時、ワークショップに協力してもらった男子学生もいたのだが、彼女は初期段階で彼らにLINEの連絡先を聞いており、異人種だな~と思うのだった。

私も酒が入ってくるとそのうち彼女と色々話せるようになった。同い年とわかると彼女は「運命ですね!!LINE教えてもらってもいいですか??」と相変わらずの調子でグイグイ迫ってきた。彼女は、病院でカウンセラーみたいな仕事をしていると言った。彼女はもう一人の常連客に、自分が担当していた子がバイトに行けるようになったという話を嬉しそうにしていた。なんとなく見ないようにしていたが、彼女の左手にはおびただしい根性焼きの跡と刃物で切った傷跡がついていた。へ~、なんでその仕事しようと思ったんですか?と世間話にありがちな応答として聞くと、彼女は、「手見てもらったら分かると思うんですけど私も昔病んでて、自分よりも下の存在もいると思って安心したかったからです」と答えた。まあ、仕事に対するスタンスは人それぞれだし何も言うまい、と思い、あー、闇抱えてる人って嫌いじゃないですよ、的なことをわたしは答えた。

私はLINEのプロフィールを気まぐれに変えることがあるのだが、ある日泣き顔の顔文字だけにしてみたら、「なにかつらいことあったんですか?」と彼女からLINEがきた。「いや、ノリで変えてるだけなんで心配いらないですw」と返し、なんとなくやりとりが続いた。「彼氏いないって言ってましたよね??合コンいきませんか??」うーん。「ん~、合コンとか苦手なんで、遠慮しときます」と返す。しばらくして、「わたしも合コン行ったことなくて>< 不安だから誘ってみたんですけどw」うーん、、、?

そのまま、やり取りはフェードアウトした。しばらく経って、彼女からLINE桜くじ(だっけ?)が贈られてきたが、開封せずに終わった。もしかしたら彼女は、自分と繋がってくれる他者を求めて私の方へ手を伸ばしてきてくれたのかもと思うが、その手をとれなくてごめん、と思う。

 

 

先日、職場の人々と暑気払いと称して飲みに行った。上司(強い女性)は、いい感じに酔いが回ってくると、結婚なんてまだ先だと思っているかもしれないが人は必ず老いる、そして30超えた女は急にお呼びがかからなくなるんだから今のうちに行動しておけ、などといった、ありがたいアドバイスをよくしてくださる。その日も、〇〇(本名)が本当にしたい仕事はなんなんだ、〇〇(本名)が幸せを感じることはあるか、私の意見に同調するだけじゃなくて自分の意見もぶつけてこい、などとありがたい叱咤激励を受けていた。けっこう酔っぱらっていた私は何か一矢報いたいと思い、「<上司>さんはできない奴は自己責任で死ねという主義ですけど、わたしは、すべての人がどこかしらに居場所があるような世の中をつくりたいんです」と口走った。上司は「〇〇がそういう意見持ってるのは全然いいことだと思うよ。でも私は私でその意見を全力で潰しにかかるよ」と言ったうえで、「〇〇がそういうこと考えてるんだったら、たとえば調査の日雇いの人に、しんどくないですか?とか、こちらから声かけてあげたりして、ちゃんと気遣ってあげないとあかんよ」と話してくれたのだった。これまでも、そういう監督員をしたことは何回かあるけれど、人間としてひらいた状態で接するのってなかなか難しい。ただでさえいい歳して人見知りなのに。

 

 

最近、シモーヌ・ヴェイユ重力と恩寵』を読み始めたんですけど、とても良い本なので、読んだらまた読書メーターとかに色々記録しようと思います

 

重力と恩寵 (岩波文庫)

重力と恩寵 (岩波文庫)